校長挨拶

北海道ニセコ高等学校長 篠原 圭

北海道ニセコ高等学校のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

本校は、羊蹄山の西の麓、北にニセコアンヌプリを仰ぎ見る丘陵地に位置しています。国際色豊かな観光リゾート地として、発展する環境モデル都市であるニセコ町にある町立の昼間定時制の高等学校です。

昭和23年北海道倶知安農業高校狩太分校として、農業後継者の育成を目的に開校し、昭和27年に狩太高等学校、昭和39年に北海道ニセコ高等学校と改称しました。その後、農業後継者の減少や観光リゾート地としての産業構造の変化、また、国際化・情報化・科学技術の進展など社会の急激な変化や、保護者や中学生のニーズの変化に対応し、農業後継者と観光産業に係る人材の育成を目指すハイブリット教育構想により、平成2年に全国で唯一の「緑地観光科」へと学科転換し、今年は開校73年目になります。

本校の教育は、自然と人間の調和を大切にしながら、ニセコの自然と農村が持つ教育力を活用し、小さな学校であることの強みを活かして、自然と向き合い地域に貢献できる農業経営者やこれからの観光産業の発展を担う人材育成と同時に、社会のグローバル化に対応しながら、持続可能な社会の実現に貢献できる人材を育成することを目的としています。そのため、ニセコ高校にもALTが常駐しており、生きた英語の学びが可能となっています。

本校の教育課程では、基本的な知識・技能を身につけるとともに、課題研究や総合実習の学習を通して、科学的に探究する力やコミュニケーション能力、プレゼンテーション能力の育成を図っています。2年次からはコース制を導入し、農業科学コース(令和4年度からアグリフードコースに変更)とグローバル観光コースに分かれて、専門的知識と実践力を育成するとともに、進路を見据えたインターンシップを行うなどキャリア教育にも力を入れています。さらに希望する生徒は、4年生へ進級し、各コースの専門的な研修ができることも本校の教育の特長になります。

各種大会においては、農業クラブが全道大会入賞。また、定通体連でも全道大会・全国大会に出場するなど、生徒たちは、日々の学習だけでなく様々なことに挑戦し、立派な成果を上げており、大きく成長しています。

このような本校の魅力ある教育活動は、恵まれた学習環境と豊かな自然環境、そして何よりもニセコ町をはじめ、ニセコ高校教育振興会など地域への限りない愛情を抱く人々によって支えられています。今後とも地域の皆さまとともに歩み、生徒の成長を促す、地域に根ざした教育活動を推進してまいります。

このホームページを始めとして、本校の教育活動に触れていただき、ご理解とご協力をいただけましたら幸いです。今後ともよろしくお願いします。

PAGE TOP