校長挨拶

校長挨拶
北海道ニセコ高等学校長 本谷 一

北海道ニセコ高等学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

本校は、スキーやアウトドアで世界的に知られるリゾート地であり、先進的なまちづくりの「SDGs未来都市」・「環境モデル都市」としても知られる北海道ニセコ町にある高等学校です。羊蹄山の西麓に位置し、北にはニセコアンヌプリを望む丘陵地にあり、雄大な自然環境に恵まれています。

本校は、全国唯一の「緑地観光科」として、地域に根差した専門的な学びを充実させるとともに、英語を中心に普通教科の教育にも力を入れています。また、「課題研究」では、普通科で実施する「総合的な探究の時間」と同様の学習成果が得られるよう、地域課題を解決する探究活動に取り組んでいます。さらに、オンライン学習教材「スタディサプリ」を導入していますので、基礎・基本の学び直しから大学受験まで、一人ひとりが自律的に学習することができます。

2年次からは「アグリフードコース」と「グローバル観光コース」に分かれ、専門的な知識と実践力を身につけます。さらに、希望する生徒は4年生へ進級し、マレーシアのYTLホテルカレッジへ半年間留学するとともにリッツカールトン系列のホテルでインターンシップに取り組むことができます。

このような教育を一層魅力あるものとするために、本校は令和8年度(2026年度)に、「進学型単位制総合学科」の新しい学校へと生まれ変わります。新しい学校は、グローバルなニセコ町を学びのフィールドとする「起業家教育」と「国際教育」を特色としています。

新しい学校においては、ニセコ町や自分の関心のある地域に対して誇りや深い思い入れをもち、世界とのつながりを意識しながら、自分自身が関わって地域を良くしていこうとする自負心を持つ「シビックプライドを持ったグローバル人材」を育成します。
単位制のシステムにより、一人ひとりの進路希望に応じた選択科目を豊富に配置することで、大学進学はもちろん、将来のキャリアや興味・関心に応じた学びを追求できます。また、ニセコ町のまちづくりや地域資源を活かした起業家教育や国際教育を推進し、地域社会と繋がる実践的な学びに取り組むことができます。

現在本校は、新しい学校の起業家教育や国際教育を先取りして、積極的に学校改革を推進しています。令和5年度から実施している教育プログラム「『シビックプライドを持ったグローバル人材の育成』〜ニセコと世界の境界線を溶かしていこう〜」は、三菱みらい育成財団の「高等学校等が学校現場で実施する『心のエンジンを駆動させるプログラム』の研究助成に採択されました。同じく令和5年度には、本校の「持続可能な観光教育」を中核とする地域コンソーシアムが、観光庁の「地域活性化のための観光教育推進事業」に採択されました。これは全国で3地域のみ採択された事業であり、取組の成果を全国シンポジウムで発表し、高い評価を得ています。

さらに、令和6年4月16日に、本校は文部科学省「令和6年度高等学校 DX 加速化推進事業(DX ハイスクール)」に採択されました。 
ニセコ高校DXハイスクールでは、本校の育てたい生徒像である「シビックプライドを持ったグローバル人材」になるために、自分が興味・関心のある分野の知識を身につけるとともに数理・データサイエンス・AIに関するリテラシーを習得して「文理複眼」的な思考を身に付け、不確実で予測困難な時代において複雑化する地域課題を探究し、解決できる資質・能力を身につけることを目的としています。

DXハイスクールの取組や令和6年度のスケジュール等については、以下の資料の中に掲載しています。
 2024-2025ニセコ高校の新たな進化について(2024.04.16版 文科省DXハイスクール採択)

本校は、これらの教育プログラムを新しい学校づくりのエンジンとして、今在籍している生徒の学びを充実させています。このホームページを通して、進化するニセコ高等学校の教育について知っていただき、皆様からの御支援をいただけましたら幸いです。今後ともよろしくお願いします。

PAGE TOP